2017年08月28日

8/28

しむです


先日テレビを点けたらゴッドタンのゴールデンスペシャルをやっていた

テレビを点けたの自体久々だったりする、ちょうどマジ歌やってて、おぎやはぎ小木とベッキーのデュエットで腹がよじれるほど笑ったし笑いすぎて気が付いたら涙出てた

笑いは世界を救うなあ、今日の稽古で知らないうちに台本変わってる箇所があって、変わってるって知らなかったけど違う台詞が喉まで出かけて、結局言えなかったのだけど、なんかそういうとこだなあと、なんであそこで言えなかったのだろうと自分がとても嫌になるのであった、それでも本番は近付くし幕はあがるのであって、あと二週間ちょっと、面白いってなんだろうと考えながら家路につく

【関連する記事】
posted by 沈ゆうこ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

死んでる季節

夏が好きです
なぜかと言うと他の季節に比べ洗濯物がすぐ乾くからです
それはもうすぐ、速乾、昼前に干して昼過ぎには乾いていますみたいな、夏のそういうところが好きなのです、ていうか夏のいいところってそこだと思うのです
それがなんですがここ数日の体たらく、もうがっかり、まじがっかり、君の洗濯物がすぐ乾くあの感じが好きだったわけだよ?それをこんだけ雨降っといて気温だけ「どうも夏です」みたいな顔されてもさあ、どんな私でも好きでいてくれる?みたいなさあ、あのさあ、好きだけどさあ、夏、好きだからさあ、頼むよほんと、好きだよ夏
posted by 沈ゆうこ at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

10月出演情報 牡丹茶房『Maria』

10月の出演情報です

初めましての団体さん、昨年10月にアガリスクにも出てくださる山田健太郎くんにおすすめされ観に行き、ラストシーンを観てため息が溢れた、生命力の強い物語を作る劇団です


個人的には昨年のMUに続いて2年連続の星のホール!ぜひ観にきてください!


ーーーーーーーーーー

6CDA7262-0AB5-43B2-B570-2240E35B73B2.jpg


牡丹茶房

MITAKANextSelection 18th参加作品

Maria

脚本・演出 烏丸棗


【会場】

三鷹市芸術文化センター 星のホール

181-0012  東京都三鷹市上連雀6-12-14


【日程】

20171020日(金)〜29日(日) 

10/20(金)☆19:30

10/21(土)☆14:00

10/22(日)☆14:00

10/23(月)休演日

10/24(火)☆19:30

10/25(水)☆14:00/19:30

10/26(木)19:30

10/27(金)19:30

10/28(土)14:00/19:00 

10/29(日)14:00

11ステージ

(は早期観劇割引・平日マチネ割引)


【料金】

前売:一般 3,000

当日:一般 3,200

学生:前売・当日とも 2,000

高校生以下:前売・当日とも 1,000

 ☆早期観劇割引・平日マチネ割引

前売:一般 2,700  

当日:一般 2,900

学生:前売・当日とも 1,700

高校生以下:前売・当日とも 700


【ご予約】

ご予約はこちらから


【出演者】

奥野亮子(鵺的)

沈ゆうこ(アガリスクエンターテイメント)

赤猫座ちこ

小畑はづき

加藤なぎさ

浅見臣樹((劇)ヤリナゲ)

岸田大地

小島明之(カムヰヤッセン)

榊原美鳳(ハダカハレンチ)

田中健介(しあわせ学級崩壊/演劇集団宇宙の喜び)

野村亮太(やまだのむら)

萩原達郎(犬と串)

藤田雄気

ホリユウキ(犬と串)

山田健太郎(やまだのむら)


【スタッフ】

制作 塩田友克 

舞台監督 西山みのり

照明 黒太剛亮(黒猿)

音響 香田泉(零’sRecord)

美術 愛知康子 

小道具 辻本直樹(Nichecraft)


【主催】

公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団

posted by 沈ゆうこ at 22:18| Comment(0) | 出演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月出演情報 アガリスクエンターテイメント『そして怒濤の伏線回収』

9月の出演情報です

所属劇団アガリスクエンターテイメントの本公演



ーーーーーーーーーー

E7BBEA11-9E7D-4A55-89E7-E84C2267A990.jpg


アガリスクエンターテイメント第24回本公演

〜その企画、共謀につき〜『そして怒濤の伏線回収』



【その企画、共謀につき  とは?】

アガリスクエンターテイメントがお客様と意見交換しながら、演目の選定、タイトルの決定といった演劇制作の根本の部分から共有し、一緒に新作を開発していくプロジェクト。

特殊チケット「共謀券」の販売、公開稽古、試演会、WEBでの日誌やデータの公開など、様々な施策で制作過程を共有します。

詳しい企画内容は特設サイトをご覧ください。


【演目】

『そして怒濤の伏線回収』

作・演出  冨坂友


【あらすじ】

寂れた商店街の救済のために集められたのは、地元商店の若い世代や専門家たち。

対策を話し合うはずが、立場の違いゆえにぶつかり合い、人間関係で諍いが起こり、議論は紛糾、会議は脱線していく。

ところが、とある小さなキッカケで会はまとまりを見せ、皆の意見が集まることで一つの解決策が浮かびあがる。

そして、怒濤の伏線回収が始まった…!


【会場】

新宿シアター・ミラクル

160‐0021

東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F

JR新宿駅徒歩7分、西武新宿駅徒歩1分)


【日時】

2017915日(金)〜924日(日)

915日(金)19:30★

916日(土)13:00/18:30

917日(日)13:00/18:30

918日(月)(祝)13:00/18:30

919日(火)休演日

920日(水)14:00★/19:30

921日(木)19:30

922日(金)19:30

923日(土)13:00/18:30

924日(日)13:00/18:30

★→初日,平日昼料金


【料金】

一般料金  3,500

・本番の公演を1回鑑賞可能


初日,平日昼料金  3,000

・本番の公演を1回鑑賞可能

9/15(金)19:309/20(水)14:00の回が対象


共謀券  7,000

各種割引対象外

・本番の公演を1回鑑賞可能

9月上旬に行う試演会を鑑賞可能(要予約)

・計4回の公開稽古及び企画会議に参加可能(要予約)

・公開稽古にて作成段階の台本・資料をプレゼント

・台本に「共謀者」としてお名前をクレジット

・製本済みの台本をプレゼント

・数量限定です

8/31(木)までの販売です。



無限共謀券  10,000

各種割引対象外

・本番の公演を何回でも鑑賞可能(要予約)

9月上旬に行う試演会を鑑賞可能(要予約)

・計4回の公開稽古及び企画会議に参加可能(要予約)

・公開稽古にて作成段階の台本・資料をプレゼント

・台本に「共謀者」としてお名前をクレジット

・製本済みの台本をプレゼント

・数量限定(マジで少なめ)です

8/31(木)までの販売です。


高校生料金  500

各種割引対象外

・高校生以下のお客様が対象

・要生徒手帳提示


【割引】

貧民割引

500円引き

・当日の受付で「貧民です」と自己申告した方は500円引き(またはキャッシュバック)

・要事前予約。


リピーター割引

1,000円引き

・本公演のチケットの半券をお持ち頂くと1,000円引き(またはキャッシュバック)

・一枚につきお一人様有効


【ご予約】

当日精算でのご予約はこちら


事前精算でのご予約はこちら


各種特典付き!

E0245274-A337-45C9-87FC-B417E3ED24F2.jpg


【出演】淺越岳人

榎並夕起

鹿島ゆきこ

熊谷有芳

甲田守

沈ゆうこ

津和野諒

前田友里子

矢吹ジャンプ(ファルスシアター)

(以上アガリスクエンターテイメント)


伊藤圭太(俳協)

高木健(エンニュイ)

山田健太郎(やまだのむら)


【スタッフ】

脚本・演出:冨坂友

文芸助手:淺越岳人

空間設計:辻本直樹(Nichecraft)

音楽:三濱徹也

音響:安藤達朗

衣装:熊谷有芳

小道具:沈ゆうこ

宣伝美術:津和野諒

舞台写真:石澤知絵子

記録:中村悠太

制作:佐伯凛果

制作助手:樫村健人

主催:アガリスクエンターテイメント

協力:エンニュイ/JCM/新宿シアター・ミラクル/Nichecraft/俳協/ファルスシアター/フォセット・コンシェルジュ/やまだのむら

posted by 沈ゆうこ at 21:54| Comment(0) | 出演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

コントレックス終演しました

しむです


ブログを長いこと放置してしまいました、いかんですね、ブログでももっとこまめに情報を発信していけたらと思います


5月のくによし組と6月のVoyantroupeと、遅ればせながらほんとに遅ればせながらご来場ありがとうございました

ゲスト出演で劇中にずっと喋り続けたり、扱う題材がパラノイアだったり、どちらも普段あまり出来ない体験をさせていただき、とても有意義で大切な時間でありました

そこで得たものを還元出来るかという最初の場が今回のコントレックスVol.16だったわけですが、いかがだったでしょうか

私としては舞台上でお客様からのたくさんの笑い声をいただけて、とてもとても楽しい公演となりました

新作の『始球式プロポーズ』では今までやったことのない声だけの出演、『お嬢さんをください(仮)』では津和野くん作の超スタンダードなコント&ツッコミという、もうほんと原点回帰のような作品をやらせてもらって、両方とも笑ってもらえてとてもとても嬉しかったです

両方とも楽しかったなあ、津和野くんの作品をやることになったのはほんとにイレギュラーなことでしたが、もうほんとお芝居下手くそマンの私のツッコミに一つひとつわかりやすく演出を付けてくれた津和野くんと三作品に出演しながら稽古場提供してくれたりいつでも優しく接してくれたネコソギさんには頭があがりません

たくさんの自信と課題と反省が見えた公演でした、コントって楽しいなあ


さて、次はコントレックスVol.17ですが私は出演しません、でも絶対面白いから観にきてほしいな

それと9月の本公演ですね、第一回目の作戦会議がさっそく7/4にございます

あと個人的には10月にも予定があるので気にしてもらえると嬉しいなあ


それではケバブでお別れしましょう

posted by 沈ゆうこ at 06:49| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。